歯並びを矯正するメリットをまとめてみました!

矯正歯科というと、小学校くらいの幼い子供たちが診察を始める考え方を持つ方が多いのではありませんか。

子供の頃と比べると、大人の歯は生えている配列が定着しているので矯正歯科にはしんどいですが、
大人になってから始めてもきちんと間に合います。最近は、審美面の利点を求めて、成人してから矯正歯科を始める人も増えています。

また、噛合わせを整えることは、審美面だけでなく、
全身の身体の具合にも良い影響力を持つことが分かっています。

ここでは、歯を矯正することの利点や、詳細な矯正方法などをご紹介します。

歯を矯正しておく4つの長所

歯列状況がそろうと、外見上の印象がより良くなるのに加えて、
口腔内の環境や体内にも良い作用を示します。そこで、まずは矯正歯科のメリットを4つ、並べました。

劣等感から解放

歯列矯正によるもっとも大きな長所は、
歯並びが悪いという引け目から解放され、圧迫感が解消することです。

「周囲の目を気にすることなく自然なニコニコといられる」
「認識が前向きになった」「何事にも主体的に取り組めるようになった」
など、性格や意識にプラスの影響力のあることもあります。

歯の噛み合わせが揃う

歯の位置がズレがあることによる歯の噛み合わせの悪さが解決します。
歯の噛み合わせが整うと、両隣りの歯でしっかりと噛むことができるようになります。

その結果、お腹など消化器官へのストレスも減らすことができます。

特定の歯だけに強力な力が加わることがなくなり、
歯ぎしりをしなくなったといった場合もあります。

虫歯や歯周病になり辛くなる

歯列がそろうと、歯みがきやデンタルフロスがし易くなります。

歯の間に食事したものが詰まりにくくなり、目詰まりしても歯みがきで簡単に除去できるようになるので、
虫歯や歯周病のリスクが少なくなります。

口腔内が清潔に保てることから、口臭の改革も期待できます。

身体全体のバランス化が整う

噛合わせが良くないと、頭がい骨の配分が崩れ、
そのバランスの不良を取り戻そうとしてからだのあちこちに負担がかかります。

こいつが、頭痛、肩こり、目まいなどの症状がもたらされることがあります。

その他には、ひどい腰痛ができる原因が噛み合わせの不良だったという事例もあるくらいです。

矯正歯科によって身体全体のバランスが揃うと、体のさまざまな変調が解消されることもあり得ます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ