歯周病の口臭を予防する方法を調べてみた!

歯周病の口臭に悩まされる方も多いかも知れないのです。

歯周病は口臭の中でとりわけ臭いが強く、一番多い要因となってもあります。

そのため、歯周病を整えたら大半の口臭が消え去るといっても間違いないでしょう。

歯周病を正すことは口臭だけでなく、口の元気や体の健康にも大切なのです。
今回は歯周病による口臭を自宅で行う見直し方法をお伝えします。ぜひ、ご覧ください。

朝と晩必ず2回以上は歯みがきをする

朝と晩、歯周病菌が多くなる時間的に念入りに歯を磨きます。

歯周病菌が一番多く増殖する時間は夜横になっている時です。
就寝時は唾液の量が減り、唾液の中にあるリゾチームという消毒作用のある成分が歯周病菌に活動してなくなります。

そのため、眠る前に歯周病菌を削減し、
寝起きに増えた歯周病菌を撃退することによって口臭をストップさせることができます。

デンタルフロスを利用する

デンタルフロスで歯と歯の間のばい菌をしっかり落とす習慣を付けるようにします。

歯周病が移動する80%以上は歯と歯の間から動き出します。

歯と歯の間のばい菌は歯ブラシだけでは減らすことができず、
デンタルフロスを使用しなくてはならないのです。

歯周病の口臭を減少させてくれるにはデンタスフロスは手放せないものです。

消毒作用のある歯みがき粉を使う

消毒作用の高い歯みがき粉を使い、歯周病菌を削減します。

近年の歯みがき粉は歯周病菌に対する消毒作用や、
歯茎に対するむくみを抑える作用がある成分が添加されたものが多くでています。

そのため歯みがきの時には歯みがき粉を使い、
最後のうがいを抑えて殺菌成分が口の中に残存するようにすると良い結果になるでしょう。

健康食品を使う

プロバイオティクスとは悪徳な菌(悪玉菌)が増えてきたとき、
良い菌(善玉菌)を増加させて細菌のバランスを調整することです。

口の中のところ、歯周病菌や虫歯菌等といった悪玉菌が増殖すると歯や歯茎に悪い結果が及びます。

プロバイオティクスだという湖池屋の乳酸菌LS1(善玉菌)を繁殖させることによって、
口の中にある悪玉菌のパーセンテージを比較的減らし、
口の中のバランス状態を整え、正しい状態に近付ける予防法です。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ