歯の黄ばみの原因になるのはこの2つだ!

他人と話しているときむこうの歯の黄ばみが心配な時ってありませんか?

ともに、自分の歯を見て不快な思いを持たれてしまうのは嫌ですよね。

暮らしていると特定の食べ物や水もの、
喫煙のヤニなどで自然と汚れしてしまうので意識していないとすぐに汚らしさが目立ってきてしまいます。

対人関係にあたって黄ばんで汚れた歯は、
不潔でマイナスのイメージを持たれてしまうので頭に置いておきたいですね。

ここでは歯の黄ばみとなる様々な起因、
またそれらに対しての確実な対処法も盛り込んでお伝えします。

料金も安く簡単に出来る方法や、歯医者で専用機器を使って丁寧に汚れを落とし
ホワイトニングで白い歯にする手段など自分に合ったプロセスで歯の黄ばみを落とし自然の白い歯を蘇らせましょう。

歯の黄ばみが発生する原因とは?

主に飲食物とタバコによるヤニが歯の着色汚れの原因とイメージできます。

どのような飲食物が汚れの原因になることが多いかが汚れになりやすいか、
喫煙のどんな材料が着色してしまうのか細かく見ていきましょう。

色合いが濃く、酸性度が高レベルな飲食物

色の濃い飲食物で典型的なのが紅茶、コーヒー、赤ワイン、
コーラといった飲物類や醤油、ケチャップ、ソースというようなことは

酸性を多く盛り込まれているため、その調味料で料理された料理は常に摂取することで
歯への事実上の着色原因となります。

またそれのみならず、お酢、炭酸飲料、柑橘類のフルーツも
飲食物も歯の黄ばみの要因となるのでご注意下さい。

しかし、上記でご紹介したケチャップやソース等の調味料は
普段よりでよく利用するものなので無理やり摂取を止める必要はございません。

普段の暮らしで少し気にかけ、あれこれ食べリピートする習慣を絶つだけでも
黄ばみに備えての効果は確実にあります。

タバコによるタールやヤニ

喫煙の葉が燃える時に熱分離されるタール(ヤニ)はタバコに多く入っていて、
タールは黒褐色で粘質性のあるとても着色しがちな物質ででき上がっています。

長期に及ぶタバコでこびりついたタールは通常の歯みがき粉などでは
なかなか除去しきることが不可能なため、

歯科医院での特別な医療処置も必要になってきます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ