インプラントは能力が優れているけどデメリットが大きい!?

この頃注目がアップしつつある“インプラント”だけどデメリットがあります。

つい良い点にばかり目を向けてしまうようですが、
自分に合った最良な治療を選択するためにも優れたところだけでなく
デメリットについても理解しなければなりません。

インプラントというのは?

インプラントのメリット・デメリットをピックアップする前に
インプラント治療の方法について解説します。

インプラントは損をしてしまった歯のところに人工の歯の根を入れる方法です。

人工の歯の根は原則“ネジ”であり、
顎の骨に固定化することでより強い歯の根に仕上がるでしょう。

そして、その他にはから人工の歯の準備をします。

人工的な歯は被せ物と呼ばれていて、
ネジの部分を覆い隠すために設置しられるのです。

つまり、外面的な役目を果たしています。

人工の歯により上下の噛みあわせが円滑にいくでしょう。

噛みあわせが良くない場合は別の歯を使います。
修正しながら自分にぴったりの歯に作り上げていくのです。

インプラントのメリットとは?

見るべきインプラントのメリットはいくつも存在します。

まずひとつ目は「噛める力が以前の通りになること」です。

インプラント治療が普及されるする前に主流と捉えられていた入れ歯やブリッジは、
残された歯の力でカバーできるようにすることがことを狙ったしたが、
インプラントは失くした歯のように噛むことができる力がリバイバルできます。

つまり、元の歯のように噛むことができる力を追加することができるのです。

変な感じがまったくなく、
それまでのように食事を噛むことができるのはホントに幸せなことでしょう。

そして二つ目のメリットは「がたつきが全くないこと」が存在しています。

インプラントの設置を行いますとがたつきがあるかもしれない…
と懸念する人もいますが、
インプラントの歯の根はずいぶん固定性が優れているのでがたつきがさっぱりありません。

どんなに強い物でも安心して口にできるでしょう。

インプラントのデメリットとは?

インプラントは完璧である部分が際立つのでデメリットに着目してる人が少ないです。

ちゃんとデメリットについて認識しておかなければ
インプラント治療の利用をミスってしまうので気を付けなければなりません。

そこで詳しくインプラントのデメリットについて解説します。

まず第一に挙げられるのは「手術を受けなければ効果がないこと」です。

インプラントを採用する場合は顎の骨に人工の歯の根を埋め込まなければならない。
その手術が不可欠なのです。

手術にかかるお金はもちろんのこと、手術へのリスクもあるでしょう。

手術を受ける場合には納得がいくまで
歯科医から説明を受けることが重要となります。

また、全身に障害を持っている人はインプラント施術が受けられません。

インプラントを用いたくてもできないことだってあることを理解しておいて下さいね。

そして、インプラントをキープし続けるためには周期的に検診を受けないとなりません。
メンテナンスを担うことでより気持ちの良い口腔が維持できます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ