歯のホワイトニングは歯医者でやるべきなのだろうか?

昨今、モデルタレントを採用したサロンでできるホワイトニングサロンが増えているみたいです。

1回2~3千円で可能にするエステ組織の「セルフホワイトニング」。

始めのころは気負わずにお試し意識で、という人も多いようですが使う人の多くから
「そう簡単には白くならなかった」とのお考えを聞きます。

何が故に効果が感じられないのでしょうか?

「歯を白くしますホワイトニング」の薬剤は
規律で医療施設でしか扱うことがが認められていません。

サロンで行う「セルフホワイトニング」は歯の黄ばみを分離する薬剤を使うことができず
ポリリン酸などの歯みがき粉と同じ成分を利用しているため「歯の表のお掃除」でおしまいです。

セルフホワイトニングという言い方も、
無資格者が手入れをすると法律違反行為なので、
お客が全て自身の責任で手入れをするしかないのです。

しっかりとした薬剤・検査機器設備を極限していること、
施術を手掛けるスタッフが歯科医・歯科衛生士などの有資格者であることが
効き目の出るホワイトニングの基本条件です。

ホワイトニングの価格と効能の関係

歯科医で行うホワイトニングというのは
オフィスホワイトニングで1回くらい2,000円~100,000円辺りまでと、価格にかなりの違いがあります。

安価だと効能が無く、高いと効き目があるのでしょうか?

割高から効き目のあるホワイトニングとはいえません。
ですが安すぎるホワイトニングは効き目や保安性に疑問が残ったままです。

このことは、薬剤費、歯科衛生士や歯科医などのお給料、家賃や設備代、
スタッフ教育の資金、諸管理費などの費用で、少なくても7,000円以上の元値がかかるからです。

並はずれて安いホワイトニングはホワイトニングに本当に効き目のある薬剤が組み込まれていなかったり、
話し合いが十分でなくあったり、

ホワイトニングの前施術に行う歯の変色落としや
ホワイトニング後に行う仕上げ施術などのやり方が省かれていたり、
スタッフ育成に時間をおいていなかったり、医用器具の不具合が多いなどのケースがあります。

一回のホワイトニングで白くするのは落とし穴

お客の中には1回のホワイトニングで白くしたいなあという方がいますが、
薬剤の濃さと活性化器具の熱温度を上げれば、それなら可能です。

現実にそのようなやり口が数年前に米国ではやりましたが近年は発売中断になっています。

歯の表と歯の神経に取り返しのつかないダメージが残されるからです。

歯のホワイトニングは医療処置であり、歯の健康を傷つけないよう、
正しい薬剤の濃度と熱温度で何回かに分けて行うのが、安全の面でもでき上がりの面でもベストです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ