歯を矯正する5つのメリットを紹介!

矯正歯科というと、
小学校ほどの子どもが治療をスタートする感覚を持つ方が多いのではありませんか。

子供の頃と比べると、おとなの歯は残っている位置が根付いているので矯正歯科には困難ですが、
大人になってから始めても十分に間に合います。

近頃は、審美面の優位性を求めて、成人してから矯正歯科を始める人も急増しています。

また、歯並びを改善することは、審美面だけでなく、
体全体の健康状態にも良い影響力を持つことが理解しています。

ここでは、歯を矯正することの利点を紹介していきます。

歯を矯正する5つの利点

歯並びがそろうと、外見上の印象がより向上するだけではなく、
口腔内の周辺環境や体内にも良い影響があります。

そこで、まずは矯正歯科のメリットを5つ、まとめました。

コンプレックスから回避

歯列矯正によるもっとも非常に大きいメリットは、
歯並びが良くないというコンプレックスから自由になり、
フラストレーションが解消することです。

「人の目を気にかけることなくナチュラル笑顔でいられる」
「意識が前向きになった」
「何事にも自発的に取り組めるようになってきた」

など、性格や思考法にプラスの影響力を持つこともあります。

歯の噛み合わせが整備される

歯の位置がズレていることによる噛合わせの悪さが解決できます
。噛み合わせが揃うと、左右の歯でしっかりと噛むことができるようになります。

この為に、胃腸などという消化器官への重荷も減少させることができます。

特定の歯だけに力が加わることが消え、
歯ぎしりをしなくなったといったケースもあります。

虫歯又は歯周病になりづらくなる

歯列がそろうと、歯みがきやデンタルフロスがやりやすくなります。

歯の間に食事したものが詰まりづらくなり、
詰まっても歯みがきで楽に落とせるようになるので、
虫歯や歯周病の危険性が少なくなります。

口腔内が綺麗に保てることから、口臭の向上も期待が出来ます。

身体全体のプロポーションが整う

噛み合わせが酷いと、頭がい骨のバランス状態が崩れ、
そのバランスの不良を取り戻そうとして健康のあちこちに負担が加わります。

そのことが、頭痛、肩こり、目まいなどのトラブルを引き起こすことがあります。

なかには、酷い腰痛の原因が歯の噛み合わせの悪さであったという事例もあるように
歯科矯正によって身体全体のバランスが整備されると、
体のさまざまな悪い部分が解消されることもあり得ます。

頭からつま先までの身体の調子を改善する

矯正によってはっきりと噛めるようになると、
表情筋が元気に使われるようになり、見た目の左右差やほうれい線、
シワの向上などが期待ができます。外見が整ってくると、勝手に笑顔が増えます。

人は笑うことが出来ると表情筋からのシグナルによって副交感神経が目立つようになります。

副交感神経が強くなると体がリラックスして、
血圧や血糖値の上昇、あるいは活性酸素の大量発生などが抑え込めるのです。

また、きちっと咀嚼しあごを動作させることは、
唾液の分泌を促し、脳を刺激してます。

唾液は消化をサポートするだけでなく、免疫性アップにも役立つと考えられています。

脳内の血流が増加すると神経活動が促進され、
脳全体が活発化するとされています。

歯科矯正することで、外面も、体の内側も、
より健康にフレッシュになることする確率が高いというわけです

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ