歯が痛い!そんな時の緊急対処法6つまとめました!

「何かもう歯が痛いといった風な…。」気のせいと誤認してみても、
苦痛は増すばかり。直ちにかかりつけの歯科医院に行ければ堅実ですが、
忙しかったり深夜だったりと簡単にはそうもいかないかも知れませんよね。

そういう訳で役立つ6つの応急手当を覚えておくと、
苦痛が少し和らぎますよ。

ただし単発的に痛みを抑える対処法にすぎ治療ではありませんので、
一刻も早く歯科医院で診てもらいましょう。

1、口を衛生的にする

虫歯による苦痛の場合、
虫歯で出来た穴に食べかすが目詰まりして歯や神経を押している場合があります。

食べかすを除去、口の中をいつも衛生的に保ちましょう。
うがい薬で口をゆすぐのもおすすめできる。

ただし爪楊枝あるいは先が尖ったものでとる場合、
患部に負荷を与えないように心がけましょう。

痛みが悪化してしまうことがあるのです。

2、患部を頬から冷却する

患部を冷却することで血行が抑制可能なため
、痛みがやわらぎます。手ぬぐいに包んだ保冷剤を押し付けてましょう。

「冷えピタ」などの貼付するタイプの冷湿布を貼ると容易ですね。

急激に冷却すると痛みが増大する場合があるので、
ジワジワと冷却するようにします。

じかに氷を口の中に含むと、一時の間神経が感覚を失うので痛みが少なくできますが、
知覚過敏に関しては逆効果になることも考えられます。

3、痛み止めを服用する

歯の痛みに非常に効果のある「鎮痛剤」を服用することで、
一時の間痛みをカットしることができます。

ロキソニンは歯科で処方してもらう痛み止めで、
同程度成分の「ロキソニンS」が販売されており効き目があります。

ただし15歳未満には用意できないので、子供には「カロナール」を活用する方がいいでしょう。

アスピリン系の「バファリン」は、鎮痛結果はロキソニンより和やかですが、
胃に影響が少ないので服薬しやすい薬です。

4、痛み止めの塗り薬を使う

歯にじかに痛み止めの薬を塗布する方法もあります。

歯専用の鎮痛剤としまして「即効!」と高い評価を得ている売れ続けている
「新今治水(しんこんじすい)」には液体タイプとジェルタイプが存在するので、
使い勝手が良い方をチョイスしてください。

誰でも液体タイプはやや塗布しにくさはありますが、
5分もかからず効くというインパクトが魅力で、
塗布しやすいジェルタイプは持続性が見られるのが特徴だと言えます。

歯を傷めず、子どもから年配者・妊婦の方も使えますが、
歯茎又は唇に付着しないように心がけましょう。

また、胃腸薬の1つ正露丸については、虫歯の痛みを一時の間とる効果が期待できます。

これは正露丸の「木(もく)クレオソート」という成分が感覚を麻痺させるため。
調和のとれた大きさに切断したものを虫歯の穴に補填すると痛みが楽になると思います。

ですが治療薬ではなくあくまで応急手当で、
歯科医師によっては利用を推奨しない人もおります。

また、歯茎の痛みを対象にした市販の塗り薬も存在します。

5、ツボ押しで抑制

歯の痛みを改善するツボをひと押しして、
歯科医院に出かけるまでの痛みをやわらげましょう。

最たるツボはいくつかあるけれど、中でもよく効果抜群のとされるツボは、
「合谷(ごうこく)」又は「歯痛点(しつうてん)」のふたつ。

合谷は、手の甲側と親指と人差し指の付け根から少々指の方へ移動させた場所にあります。
グイッと長めに押すように圧力しましょう。

歯痛点も手に存在するツボ。手のひら側、
薬指と中指の合間の付け根にあり、合谷同じ程度に強力にしに押します。

6、どう考えても苦しい時は救急センターへ

あまりに我慢ができない強烈痛みで、1秒でも手早く診てほしいのであれば、
救急センターを使いましょう。地方によって診察時間は異なりますが、
23時ごろまで受け入れてくれるシーンも。

もちろん救急医療なので、こちらで連続した診療は受けられません。

別に歯科医院のアポイントを取りましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ