空腹のときには実は口臭が酷くなる原因とは!?

2014y11m15d_153211753

お腹が空いていると口臭が気になるようになることはご存知ですか?どちらかというと食後に口臭が気になるような気もしますが、実は空腹時の方が口臭が強い場合が多いそうです。
今回は空腹時の口臭とその原因についてまとめていこうと思います。

●空腹時に口臭が発生してしまう理由
空腹時の主な口臭は、膵液が胃で分解される際にガスを発生させていることが原因です。
他にも、口内の唾液の分泌量が減り洗浄効果が低下することや、口内の汚れが腐敗し臭っている場合もあります。

●空腹時の口臭を抑えるにはどうしたらいい
空腹が原因で口臭が発生している場合は、唾液不足が考えられます。なので、水を飲むのが一番簡単な対策です。他にも、少し間食して何かを食べることで、唾液の分泌を促すことも効果的です。手軽に、口臭が改善できるものに「ガム」があります。噛むことで唾液分泌を促します。さらにキシリトール系のガムであればより効果的です。
空腹時の口臭は、水を飲んだり、唾液の分泌を促すだけで簡単に対処できるので困った時は試してみて下さいね。
ただし注意が必要で、間食は何でもいいわけではなく、糖分が多いもの・辛いなどの刺激があるものなどは後々の口臭につながるので気を付けてください。他にもダラダラと時間をかけて食べるのも逆効果なので気を付けてくださいね。
さて、空腹時口臭が気になる原因は分かりましたか?
空腹時の口臭は、手軽に消すことができるので安心してくださいね。もし、気になる時などがある方はガムを持ち歩くなどすれば簡単に対策できるので参考にしてみて下さい。

 

美しくなれる青汁とは!?

空腹